矯正歯科

自信を持って笑える幸せ

自信を持って笑える幸せ

満面の笑顔や他人から見られる横顔、患者様のお顔立ちを引き立てる歯並びを提供することによって『自信を持って笑える気持ち』を提供したいと考えてます。歯並びは『見た目』を治すだけではなく『機能・咬み合わせ』も治すことによって将来の病気を減らし、将来の治療費や治療時間を少なくすることが可能です。

噛み合わせが良くなることで何でも気にせずに食べられる、歯の凸凹がなくなることで日々の歯磨きを楽になる、矯正治療はさまざまなメリットがあります。また、当院は筋肉や癖とも向き合うことによって『後戻りの少ない矯正』を提供していきます

当院の矯正治療の特徴

  1. あなたに合わせた矯正装置を矯正装置にはシステムによってそれぞれ特徴があります。当院では患者様の歯並びと相性の良い矯正システムを選び、組み合わせることによってなるべく短期間で後戻りの少ない治療を完了させます。
  2. 矯正に付随する治療も全て矯正治療に伴う治療、虫歯治療・仮歯治療・抜歯治療(親知らず含む)・歯周基本治療・クリーニングなど、全ての治療を当院で受けていただけます。

矯正装置の種類

ワイヤー矯正

表側矯正

表側矯正(セラミック・メタル)

従来のワイヤー矯正方法です。表側に装置があるので、裏側よりも歯みがきがしやすく、発音の邪魔になりません。今は歯の色に近い白色や透明な装置も開発されていますので、昔より目立ちにくくなっています。

【 表側矯正 】 メリット
○昔から行われていて最も広く一般的に行われているため、治療メニューが確立していて様々な症例に対応可能
○歯の動くスピードが舌側矯正やマウスピース矯正と比べると比較的早い
○リーズナブル、他の矯正装置に比べてトータルの費用を安く抑えることが出来る

【 表側矯正 】 デメリット
●見た目に矯正装置が付いていると一目で分かる
●取り外しが出来ないため、ブラッシングが難しい
●格闘技や球技など、接触の多いスポーツでは装置が唇の内側を切ってしまうことがある

舌側矯正

舌側矯正

歯の裏側に矯正装置をつける方法です。普段の生活で、矯正をしていることが他人から見てもわかりません。

【 舌側矯正 】 メリット
○他人に気づかれることがなく、職業的に表側のワイヤー矯正がNGの方や目立つ矯正に抵抗がある方には最適
○出っ歯の前歯が引きこみやすい。表側矯正は前歯を引っ込める際、奥歯が前方に引っ張られてしまい移動のコントロールが難しい場合があります。裏側矯正は装置が固定源となり後方へ引き込んでいくので、比較的前歯の移動がスムーズになります。
○舌の癖も矯正出来る。出っ歯の原因として舌で前歯を押してしまう癖があります。裏側矯正は装置が裏側についている為、舌で歯を押し当てる癖を抑制する効果が多少期待でき、装置自体が舌癖防止の役割も果たしてくれます。

【 舌側矯正 】 デメリット
●装置の違和感を感じる。裏側に装置をつけるので舌が装置に接触して傷・口内炎ができる事があります。装置を付けてから1~2週間経つと違和感は薄れていきます。
●発音がしづらい。裏側の装置が邪魔になり、舌を歯の裏側に当てて発音する言葉が不明瞭になる事があります。通常1ヶ月程度で慣れてくる事が多いです。
●裏側矯正は表面矯正に比べて約1.5倍の費用がかかると言われています。裏側矯正は患者様に歯並びに合わせたオーダーメイドの装置を作る必要があるため装置代が高くなってしまうのです。

マウスピース矯正(インビザライン)

マウスピース矯正

マウスピースタイプの透明で目立たない装置を、1日20時間程度装着していただきます。

【 マウスピース矯正 】 メリット
○透明で目立たない
○子供のマウスピース型カスタムメイド矯正治療にも対応。矯正装置に抵抗のあるお子様にもストレスなく治療を受けられます。
○自分で取り外しが可能なので、歯磨きは普段通りに行うことができます。
○痛みが苦手な方におすすめ。ワイヤー矯正と比べて歯を動かす際の力が小さい、傷や口内炎ができることがほとんどないなど、治療中の痛みが心配な方にも安心です。
○マウスピースの素材はプラスチック製であり、金属アレルギーの方にも安心して治療を受けていただけます。

【 マウスピース矯正 】 デメリット
●1日20時間以上の使用を目安のため、食事や歯磨き以外の時間は使用しなければならない。
●症例によっては相性が良くなく治療期間が長くなることがある
●治療費がワイヤー矯正と比べると少し高い場合がある

小児機能矯正

小児機能矯正

成長が盛んな4~10才くらいに骨に働きかける矯正。適切な治療を受ければ、多くの子どもたちがバランスのよい顔になります。なるべく早い年齢で取り組むことにより、筋肉の自然な力を利用して骨格的な顎の問題や歯並びの問題を解決することにより治療費を安く、矯正治期間を短くすることが出来ます。

部分矯正

部分矯正

全ての歯に装置を付けて矯正するのではなく、前歯の出っ歯を治したり、歯並びがガタガタのところを治したり、気になる所だけ少ない装置で行う矯正治療のことです。使用装置は、表側ワイヤー・裏側ワイヤー・マウスピース・セラミック矯正があります。比較的他の矯正方法よりも治療期間は短く1〜9ヶ月ぐらいで、大体は1年未満で完了します。

【 部分矯正 】 メリット
○全体矯正に比べて矯正費用が安い(10万円~50万円ぐらい)
○気になるところだけを動かすので短期間で終了する
○矯正装置を付ける範囲が狭く、違和感が少なくて楽

【 部分矯正 】 デメリット
●噛み合わせを作ることができない
●矯正治療の範囲が少ないので仕上がりが甘い
●歯を動かす場所を作るために、歯を薄く削る必要があることが多い

インプラント矯正

それぞれの矯正治療システムの苦手な部分をミニインプラントを併用することにより、早く確実な歯の移動を行うことが出来ます。